マフラーのデザインはどうやって決まる?

マフラーのデザインは首に巻いた時どのように映えるのか
という視点から考えられます。
首に巻いた時マフラーの個性がコーデに埋もれてしまうとマフラーのワンポイント感が無くなりますし
かといってマフラーの魅力が過度に出過ぎるとコーデの調和を崩してしまう要因になります。

そのため、マフラーというのはデザインにおいて比較的個性が出しにくいアイテム。
コーデを壊さないように作らなければいけないので、スッキリした要素と
無難さが色合いやデザインにおいて、どうしても求められる形になります。

市販のマフラーにシンプルなカラーや簡素な模様のものが多いのは
そうした事柄が関係している事が少なくないです。

ちなみに女性用マフラーは男性用マフラーよりも、カラーバリエーションが広い傾向にあります。
これは女性のコーデ自体がトレンドによって変化しやすいため、ファッションパーツとして扱いやすいように
多数の色数が用意されていることによるものです。
流行色などもその年のカラーとして頻繁に取り入れられたりしています。

また、女性と男性は首の太さが違うのでそれぞれの性別に向けてマフラーが
作られる際は丈や厚みの調整が施されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です