メンズボトムスのデザインはどうやって決まる?

オリジナルTシャツ プリントとの相性が良い、ボトムス。
そのデザインはどのように決まっているのでしょうか・
メンズボトムスのデザインはお尻、膝、足首、腰といった
骨格が出やすい部分を中心に考えられていきます。
これらの箇所は目線が向きやすい部分でもあるので
皺や色合いなどの映え方に気をつけなければいけません。

もちろん着用を想定する体型に向けて、腰回りや股下といった部分部分のサイズ調整も行います。

また、ハーフパンツの類は丈が短くデザインが簡単だと思われがちですが
こちらは上記の事柄に加えて更に、他のアイテムとの着合わせ、アンダーアイテムとの兼ね合いなど、
着用のしやすさが問われる形になります。
布面積が少ないアイテムであればあるほど、コーデ時のバランスが求められるわけなんです。

ちなみにメンズボトムスでは、材料として使用する生地質もアイテムの方向性を変える事柄。
ジーンズとチノパンは同じズボン系アイテムですが、それぞれ生地や作りによって差別化された魅力を持つ商品となっています。

生地選び、製法はそういったアイテムの性質に関わる要素を持つため
デザインよりも先に決められるケースも珍しくないです。

普段ボトムス、特にズボンを好んで着用している方は知識としてこのようにデザインが決まることを
頭に入れておいても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です